育乳サロンについて

育乳サロンの種類や効果

育乳サロンに行く

育乳とバストアップと聞くと、どちらも同じ意味のように思えますが、それぞれ少し意味合いが違っています。
昔から聞くバストアップは、もともとは、胸を高くするという意味があります。
日本においては、胸のサイズを大きくするという意味で使われています。
育乳という言葉は、下着会社が販売促進のために付けたキャッチコピーです。
育乳の意味合いとしては、もとの胸の大きさから大きくするというものになります。

胸を大きくする要因は、胸の乳腺と乳腺を構成する乳腺葉が発達によって、乳腺と乳腺葉の間を埋めるために脂肪が着き、胸が成長します。
乳腺と乳腺葉を発達には、女性ホルモンが関係しています。
女性ホルモンは、大きく、エストロゲンとプロゲステロンの二種類に分けられます。
胸の成長に主に関係しているのは、エストロゲンになります。
プロゲステロンは、妊娠する際にそれまで発達が未完全の乳腺の分枝や腺房の成長を促がして、乳汁を作る準備を整えます。

胸を大きくする育乳には、女性ホルモンの力が必要になります。

育乳の方法は色々な種類があります。
睡眠は、女性ホルモンや身体の成長を促す成長ホルモンの分泌に関係しているので、睡眠時間を増やしたり、質の良い睡眠を行うと良いです。

猫背だと大胸筋が弱くなり、胸の成長が阻害されるだけではなく、胸が小さくなる、胸が下がりハリがなくなり形がくずれるなどします。

胸は、生活習慣やストレスなどで変わるホルモンバランスによって大きさが変化していっています。
自分の胸のサイズに合った下着を付けていないと、胸の肉が周りの流れて行ってしまいます。

この他にも入浴して血行を良くする、マッサージを行うなどがあります。

TOPへ戻る